--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕の小規模な生活」

2010年08月29日 09:27

前回、マンガ『うちの妻ってどうでしょう?』を紹介しましたが、
ボクの妻(ややこしい)が「こっちも紹介した方がいいよ」と言うので紹介します。

福満しげゆき『僕の小規模な生活』(2007)


『うちの妻ってどうでしょう?』よりも少し前に描かれた作品で、
基本設定は全く同じですが、こちらは一応ストーリーマンガ仕立てになっていて、
そもそもの背景にも触れているので読みやすいかもしれません。

「マンガを描くマンガ家のマンガ」ということで、同じ時期に他社で
『うちの妻ってどうでしょう?』という同じような内容の連載を始めてしまうことによる、
編集者との軋轢もリアルに描かれている画期的な漫画です。

頼りになる「妻」とともに業界の荒波を乗り越えて行く様子や、日々の生活の事など、
『うちの妻ってどうでしょう?』同様、ほのぼのと楽しめます。
現在3巻まで出ています。

小規模見開き



ちなみにこの「妻」ものっち同様、腕を「全アゲ」で寝ています。
「妻」全アゲ




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 



コメント

  1. electrocat | URL | Aiam0OL6

    絵は知ってましたが

    読んだことがありません。
    こういうマンガを描く方だったんですか!

    チラリとご紹介していただい中の画像から想像するに・・・
    どこの妻もこういう感じなのか!と・・・
    うちの妻にかな~り似た雰囲気がします(笑)

    読んで確認せねば!

  2. ロボトリア | URL | -

    >electrocatさん

    コメントありがとうございます。

    いろんな所で挿絵も描かれているので、目にする機会は多いですね。

    >こういうマンガを描く方だったんですか!

    紹介したページは「妻」がブチ切れた所ですが、普段はおっとりと半笑いで、
    そのギャップがたまらなく面白いです。

    >うちの妻にかな~り似た雰囲気がします(笑)

    ええ~、そうなんですか。だとすると気苦労も絶えないかと・・・(;^_^

  3. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    浅学ですみません

    ガロの出身の方だったんですね。私は漫画はほとんど分かりませんが、ガロというともっとぶっとんだ絵やらおどろおどろしいものを想像してしまいますが、なんだかホワーンとした温かみを感じる画風ですね。

    腕の「全アゲ」がタイムリーでびっくりです。

  4. ロボトリア | URL | -

    >ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    >ガロというともっとぶっとんだ絵やらおどろおどろしいもの

    ボクもそれほど詳しいわけではありませんが、そのような作品も確かに多いと思います。
    古くは白土三平、つげ義春、林静一、その後は花輪和一、丸尾末広、湯村輝彦などが有名所でしょうか。
    メジャー誌では受け入れてくれないような特異な才能を、引き取ってくれるような懐の深い雑誌と認識しています。残念ながらもう存在しませんが・・・
    コンプレックスの塊だった福満さんは、そんな世界に活路を見出し、やがて作品が世の目に触れ、
    巡り合わせによって、いまや講談社のようなメジャー誌にも連載されるようになったのです。

    >腕の「全アゲ」がタイムリーでびっくりです。

    のっちの「腕あげ」発言を聞いて思い起こしたのがこの「妻」です(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/131-241ae57f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。