--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車でおいで

2010年08月16日 17:06

ボクの住む町の近くでは、いま大規模な再開発工事が行われています。
再開発モノ
上の写真は数日前に撮影したものです。

元々この付近はクルマも通れないような細い路地に、小さな商店が密集して、
なんともいえない風情を醸し出していました。
手芸用品の店、お年寄り向けの洋品店、中華料理屋、パチンコ屋、スーパー・・・
この商店街にあったお肉屋のコロッケが好きでよく買っていました。



今はすべて無くなってしまいました。



自転車猫
写真はイメージです。


町が新陳代謝を繰り返して行くのは仕方のないことです。
いろいろ古くて不便な所もあったでしょう。
防災上の問題もあったのでしょう。
再開発に反対ではありません。


でも、さびしいです。
そこにあった町がたまらなく懐かしいです。
ボクのこころも再開発しなくてはいけませんか。



この場所には地上40階以上の高層ビルが立つ予定です。



矢野顕子feat.佐野元春「自転車でおいで」
(詩:糸井重里 曲:矢野顕子)1987年 ※動画はNHKのフィラー番組「映像散歩」のもの




GRANOLA
GRANOLA
posted with amazlet at 10.08.16
矢野顕子
ミディ (1993-09-21)
売り上げランキング: 80880
おすすめ度の平均: 5.0
5 矢野顕子・80年代の集大成。
5 ミディ在籍時の最高傑作といえば、やはり『GRANOLA』♪。
5 ゆったりした秋の午後・・・のような
5 矢野顕子総集編




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. チョービギナー | URL | -

    心も再開発、はさびしいですね。

    私も生まれてから10歳まで暮らした団地がついこの間までありました。
    ある時期から再開発、立て直しで一気にブルドーザーがきて、起伏のあったところを
    一気にまっ平らにして次々に高層マンションに建て替えてゆきました。
    今、その場所に行ってもかつての面影はどこにもありません。

    でも不思議なことにその昔の団地のいろいろなところを「自転車」でこいでゆく
    夢を最近よく見ます。大人になっている私が子供の頃よく遊んだ団地のいろいろなとこを
    「自転車」で散歩してる。和むんですねえ。バイクというより「自転車」。
    いいですよね。アッコちゃんと佐野さんのデュエットがホントに美しかった
    「自転車でおいで」。87年にやってた「グラノーラ・ツアー」で佐野さんの声はテープで
    やってたヤツをライブで聴きました。名曲だと思います。
    ちなみに。丘の中腹にへばりついてるような、わが家のあるマンションですが、数少ない自慢が
    「朝日と夕陽があたる家」、ということです。オソマツ。

  2. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    今回のエントリーの意図を的確に汲み取っていただいた、素敵なコメントをありがとうございます。

    自分が暮らしていた町の面影が消えていくのはなんとも切ないものですね。
    移り変わりは仕方ないですが、路地を自転車でゆっくりと巡っていくような町でいてほしいですね。

    ボクも昔暮らしていた町を自転車で走る夢はよく見ます。
    遅刻しそうで必死にこいでいるのに道に迷ってしまったり…よく知っている町なのに…

    「朝日と夕陽があたる家」ですか、少し高台にあるのですね。いいですねー。

  3. チョービギナー | URL | -

    >ロボトリアさん

    今、家に帰ってきて例のA to Z に片づけられたCD棚から、ひっさし振りに
    「グラノーラ」を聴きました。
    今さら言うのもどうかと思いますが、改めて思います。とんでもない名作だ。
    「自転車でおいで」のコマコこと駒沢裕城のスティールギターの素晴らしい音色、
    思いっきりジャージーな「野ばら」。あれ?これも入ってたんだけ?の「風をあつめて」「無風状態」、
    デイヴィッド・パーマーの伸び伸びとしたドラムスと、バリバリ・バリージョンソンのベースが
    ひたすら爽快な「わたしたち」、
    こういう歌詞書かせたら敵なしだなあ、の糸井さんの「ふりむけばカエル」....。
    いやあ、ハマっちゃいました。お陰で素敵な時間を過ごすことが出来ました。感謝!!!

  4. PPPHIVE | URL | -

    歳をとったんでしょうか

    最近昔の事を良く思い出します。
    今住んでる所に未来永劫住むわけじゃないって事に気付かされた
    からなんでしょうかね。
    子供の頃はそんな事考えもしなかったんですが。
    10年、13年、7年、10年、5年。長い事住んでるなあと思っても
    今までの住処は振り返ってみるとこんなもんなんですね。
    ジャネーの法則じゃないですが最初の23年の記憶は今の倍の長さ
    はあったような気がします。
    上手く言えませんが「何もかも皆懐かしい」(by沖田十三)

  5. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    そうですか、そんなによかったですか、じゃあボクも聴いてみます(紹介しておいて!)。
    駒沢裕城さんのスティールギターが入ってる曲ってだいたい名曲ですよね。
    『愛がなくちゃね』に入ってる「どんなときも、どんなときも、どんなときも」とか。
    いつも想像以上の反応をしていただきこちらこそ感謝いたします。

  6. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    ボクも結婚してから5回位引っ越しをしているのですが、今いる所は子どもの頃からの思い出がある
    土地でして(何故か戻ってきた)、今回の再開発は結構ショックでした。
    他の土地なら特に何も思わなかったかもしれませんね。
    PPPHIVEさんがおっしゃるように、子どもの頃や若い頃の時間の濃密さは今とは比べ物になりませんからね。
    ヤマトに夢中になってた時代も、この土地に住んでいました。

  7. mtst | URL | -

    複雑な気持ちですね

    去年の秋、車に自転車を積んで京都へ行った際、急に思いついて
    子供の頃よく祖母に良くつれてもらった親戚の家があったところへ自転車で行ってみました。
    もうそこには親戚の家は無く、路地こそ面影がある物の
    近くには大きな道路が通っており、自分の見たかった景色は跡形もありませんでした。
    もう自分の頭の中にしかあの場所は無いんだなと思うと複雑な気持ちになりました。
    やっぱり何かしらの思い入れがあるんでしょうね。

    あと、若い頃5年ほど過ごした大阪の夢を見る事もあります。
    お世話になった会社を訪ねてたり
    誰かが住んでいるのを分かってるはずのワンルームマンションに
    何故か合鍵を持っていてドキドキしながら部屋に入っていくのとか(笑)
    何か心の底でやり残した事があると感じてるんでしょうかね。

  8. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    >もう自分の頭の中にしかあの場所は無いんだなと思うと複雑な気持ちになりました。

    歳を重ねるにつれ、そういう事にでくわすことが増えてきましたね。
    永遠にあると思っていたものが、あっさり消えていたり・・・
    それだけ自分が長く生きているということなのでしょうね。

    夢といえば、学生時代にレストランでバイトしていた時のことがたまに夢にでてきます。
    何故かまた呼び出され、久々に勤務するも、やり方を思い出せず焦るのです(;^_^
    小心者なので焦る夢はよく見ます(笑)

  9. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    ホーム・スウィート・ホーム

    心の中にある帰る場所を考えるとなんだか懐かしく、切なくなったりします。アッコちゃんで言うと「ホーム・スウィート・ホーム」などはその代表例で、本当に涙が出そうになります。

    しかし、それが取り壊されていくスクラップ&ビルド自体も、逆説的ですが、もしかすると日本の心象風景と言えるのかもしれません。

  10. ロボトリア | URL | -

    >ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    「ホーム・スウィート・ホーム」好きです!この頃の『峠の我が家』『グラノーラ』はほんとに
    名盤ですね。教授とのコンビもいよいよ熟成されてきて。サウンドもダイナミックで元気がでます。

    スクラップ&ビルドは確かに日本の心象風景なのですが、いざ自分の目の前で大規模にそれがなされると、
    ちょっと狼狽してしまいます。でもいつのまにか新しい風景にも馴染んでしまうんでしょうね。

    でも40階立てのビルはやっぱり高過ぎですよね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/121-d85e0b59
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。