--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静かなる反戦歌『Shipbuilding』

2010年08月15日 10:38

天空から降り注ぐような美しい歌声を持つ孤高のミュージシャン、ロバート・ワイアットの、
1982年に起きたフォークランド紛争をテーマにした名曲。作曲はクライヴ・ランガー。
エルビス・コステロが詩を提供。

Robert Wyatt『Shipbuilding』(1982年)

造船の街を舞台に、戦争に協力しなければならない空しさを描いた詩が素晴らしい。

一部抜粋。

It's just a rumour that was spread around town
Somebody said that someone got filled in
For saying that people get killed in
the result of this shipbuilding

With all the will in the world
Diving for dear life

When we could be diving for pearls


街に流れた噂さ
この造船の結果
人が死ぬかもしれないって言った奴が
クビになった話

世界中の意志をつぎ込んで
愛しい命を投げ捨てに飛び込むのか

僕たち真珠を見つけに飛び込むことだってできるのに




反戦うんぬん抜きにしても、音楽として素晴らしいです。
コステロが歌う「Shipbuilding」も味わい深いです。Great!! Fantastic!!



1983年『Punch the Clock』というアルバムでエルビス・コステロは自身でもカバーしています。
このアルバム「Shipbuilding」以外はとっても弾けたポップな曲オンパレードで大好きです。



いつまでも音楽が楽しめる世の中が続くことを願います。




His Greatest Misses
His Greatest Misses
posted with amazlet at 10.08.15
Robert Wyatt
Domino (2010-06-07)
売り上げランキング: 296962


パンチ・ザ・クロック
エルヴィス・コステロ
USMジャパン (2009-03-04)
売り上げランキング: 246367
おすすめ度の平均: 5.0
5 《パブ・ロック》の、名盤です。
5 エルヴィス・コステロといえば、ボクはこれ!! Punch the Clock




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. Buchousan(wakasa991) | URL | -

    この時期

    私が知らないだけかもしれませんが、近年、反戦、飢餓を救うなど
    音楽シーンからの動きが少なくなっているような気がします。
    9・11が決定的なんでしょうかね?
    LIVE AID、USA FOR AFRIKA などのムーブメントはもう
    おこらないかもしれませんね。
    寂しい時代です。

  2. ロボトリア | URL | -

    >Buchousan(wakasa991)さん

    コメントありがとうございます。

    ボクもよく知りませんがそういう大きなムーブメントは確かにあまり聞きませんね。
    どちらかというと環境問題にシフトしているような気もしますが、戦争は最大の環境破壊なんですけどね。
    少し前ですが坂本教授が「地雷ゼロ」のキャンペーンの曲を作ったのが記憶にあります。

    個人的にはこの『Shipbuilding』のような生活者のミクロな目線で
    静かに訴えかけてくるものに心を動かされます。

  3. チョービギナー | URL | -

    スゴイ! 『Shipbuilding』の動画だ!!

    これは初めて目にいたしました。
    当時『Shipbuilding』はユキヒロや慶一あたりも絶賛をしてた曲で、南青山のパイドパイパーハウスで
    シングルを見つけ、高っけーな、とか言いながら買った記憶があります。

    8月15日のこの日に『Shipbuilding』を思い出させていただき、深く感謝申し上げる次第です。

    >いつまでも音楽が楽しめる世の中が続くことを願います。
    奇しくも「ワールドハピネス」、から一週間が経ちました。あのシアワセをいつまでも享受していたい。
    オーディエンスの一人として切に願いたいことであります。

  4. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    南青山のパイドパイパーハウス!ボク行ったことありません!チョービギナーさんは
    やはり伝説を体験されてきた方ですね。尊敬いたします。

    「ワールドハピネス」、お疲れさまでした。きっと楽しまれたのでしょうね。
    「ワールドハピネス」考えてみれば素晴らしいネーミングですね。
    ボクも、いつまでもそんなハッピーなフェスが続くことを願いたいと思います。

  5. チョービギナー | URL | -

    いや、眼福でございました。

    南青山の骨董通りにあった「パイドパイパーハウス」。その昔慶一クンがいつも「ツケ」でレコードを
    買ってる、という噂があっていいなあ、とか思いつつ時々覗きに行ってました。

    「ワーハピ2010」。確かに楽しいイベントでした。いくつかの心のクライマックスがあったのですが、
    その中のひとつが薄雲の合間から夕陽が射し始めたその時間、ああ、気持ちのいい風が吹いてきた...と
    思うなか、登場してきたのが「ムーンライダース」。あれ、サウンドチェックに手間取ってる?
    とか思ってたノイズの合間からふいに聴こえて来た一曲目が「くれない埠頭」。

    ♪残したものは 残ったものは
     何もないはずだ 夏は終わった

    本当に生きてることに素直に感謝したくなりました。私は一生あの瞬間を忘れないと思います。

  6. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    夏の夕暮れ時、屋外での「くれない埠頭」ですか・・・反則です(T_T)
    あの辺、潮の香りとかもしますよね、なんてドラマティックなのでしょう。
    感動のおすそわけありがとうございました。

  7. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    (What's So Funny 'Bout) Peace, Love and Understanding?

    アルパカ牧場のような気の利いた場所ではなく、日本で今一番暑い場所に家族旅行に行っておりました。その間にコメしたいアーティストが登場していたので、出遅れですみません。

    Robert WyattとElvis Costelloの"Shipbuilding"、素晴らしいセレクションです。私は"Punch the Clock"は特に名盤だと思います。"Everyday I Write the Book"はPVが話題になりましたが、本当に良い曲でこんな曲がシングル・カットされるとは粋だと思いました。

    コステロはやはりメッセージのある人で、スプリングスティーン、Eストリートバンドのスティーヴ・ヴァン・ザント、フー・ファイターズのデイヴ・グロールと歌った元ザ・クラッシュのジョー・ストラマー追悼の"London Calling"がとても印象に残っています。

  8. ロボトリア | URL | -

    >ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    ngo900jpさんならきっと反応していただけると思っていました。
    でもやはりngo900jpさんのほうが数段お詳しいですね。"Punch the Clock"いいですよね!
    "Everyday I Write the Book"のPV見た事ないです。つべで探してみます。
    ボクはコステロは『Punch the Clock』と『Goodbye Cruel World』しか持ってないのですが、
    きっかけは『Goodbye Cruel World』の「 I Wanna Be Loved」でした。
    これもPVが良かったと記憶しているのですが、見つかりませんでした。

    "London Calling"ですね。これもチェックしてみます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/120-f23e9940
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。