--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまこそ聴きたい『SUMMER NERVES』

2010年07月29日 19:57

サマーナーブス
『千のナイフ』の次、『B-2UNIT』の前という
二つの大傑作の間にリリースされた作品。
本気のソロ・アルバムというよりは、
当時の気心の知れた仲間とワイワイ楽しく
創り上げたといった趣きで、
程よく肩の力が抜けた感じが
サウンドにも表れています。


坂本龍一&カクトウギ・セッション
『SUMMER NERVES』
(1979年)


当時ボクはこのジャケットデザインがどうしても、
好みではなく、存在を知りつつも、
3年くらいはスルーしていました。(^^)
サマーナーブスメンバー

そして友達からレコードを借りてダビングさせてもらったのですが、
やはり『千のナイフ』や『B-2UNIT』に比べると地味だなあという印象でした。

ところがこのアルバムは大人のサウンドなんですよね。
最高のミュージシャンがフュージョンやPOPS、レゲエまで職人的な演奏力を競い合い、
坂本龍一が芸の細かい調理でまとめています。
時々思い出したように聴いては現在まで、細く長く聴き続けている逸品です。


いちばん好きな1曲を紹介します。
地味な印象ですが聴けば聴く程、味がでてきます。まさにスルメ!全く飽きません。

「SWEET ILLUSION」

坂本龍一(キーボード)
小原 礼(ベース)
高橋ユキヒロ(ドラム)
大村憲司(ギター)
アブドゥーラ・ザ・“ブッシャー”(ギター)
ペッカー(パーカッション)
山下達郎、吉田美奈子(バックヴォーカル)
ジェイク・コンセプシオン(アルトサックス)

ギターソロ 大村憲司、アブドゥーラ・ザ・“ブッシャー”


アブドゥーラ・ザ・“ブッシャー”というのは渡辺香津美のことです。
レコード会社の関係で名前が出せなかったのでしょう。
ちょうどYMOの『公的抑圧』と同じような状況です。

そしてこの渡辺香津美のギターソロ(後半)。天にも昇る心地よさです。最高。




暑い夏にぴったりの『SUMMER NERVES』。未聴の方は是非!


サマー・ナーヴス
サマー・ナーヴス
posted with amazlet at 10.07.29
坂本龍一&カクトウギ・セッション
Sony Music Direct (2005-03-24)
売り上げランキング: 9600
おすすめ度の平均: 5.0
5 ドラマー・高橋ユキヒロのフィジカルなプレイを満喫
4 レゲエを使ってロックとフュージョンを融合
5 クロスオーバー仕立ての極上ポップス
5 リマスター/リマスタリング→購入する価値あり
5 手放せない1枚




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. electrocat | URL | Aiam0OL6

    渋いところ来ましたね~!

    これって、今の今までKYLYNだとばかり思っていました(汗)
    当時は、カクトウギという響きから、もっと激しいサウンドを期待していたんですが、いわゆるクロスオーバーで、スマートで、渡辺香津美の色が強いなぁと感じてがっかりした覚えがあります。あと、大野雄二っぽいとか(笑)
    教授メインと考えると、僕はちょっと酷評なんですがm(_ _)m、教授も参加したクロスオーバー(フュージョン)のセッションとして聴くなら秀逸だと思います。
    だって・・・このメンバーですから!あれ?ポンタはいませんでしたっけ?

    ちなみに、このジャケは僕も苦手ですm(_ _)m

  2. ロボトリア | URL | -

    >electrocatさん

    コメントありがとうございます。

    > これって、今の今までKYLYNだとばかり思っていました(汗)

    KYLYNも渡辺香津美とがっぷりなので、間違い安いかもです。

    > 当時は、カクトウギという響きから、もっと激しいサウンドを期待していたんですが

    でも「カクトウギのテーマ」という曲は猪木の入場曲みたいな感じですよ。(激しさの意味違う!)
    確かに教授のソロという感じではないですね。
    ただこの時代の空気感は、よく出ていると思います。

    > だって・・・このメンバーですから!あれ?ポンタはいませんでしたっけ?

    ポンタはKYLYNの方で参加してます(^_^)v

    > ちなみに、このジャケは僕も苦手ですm(_ _)m

    ですよね~。(´_`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/105-0e71fbce
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。