--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽と物語性

2015年06月16日 20:40

PerfumeやNegiccoの曲を聴くと泣ける。
という話をよく聞きます。


売れない長い年月を経験し、まっとうに努力、活動し、
様々な奇跡とも呼べる出会いを経て、夢をかなえてゆく…
そんな物語が両者には共通しています。
その物語性を音楽に重ね合わせ、涙腺を刺激される。
そういった効果があると思われます。


一方で、そんな物語性などいらない。
浪花節の苦労話はもうたくさん。
自分は音楽がただ好きなんだ。
という意見の話もよく聞きます。


さて、
音楽は、音楽だけで独立できるものでしょうか?
音の高低、音色、サウンドの拡がり、歌、歌詞…
それらをなんらかの意図を持って、
プロフェッショナルな技術とセンスで構築し、
リスナーに提示する。
さあ、感動してください。

そんな簡単な話であるわけがありません。

あいまいで、ファジーで、
脳や心のしくみさえ完全に解明されていない「人間」が聴くのです。
人は音楽を聴く時、無意識にこれまでの経験、
生き方、現在の状況、心のありよう、
そんなようなものと、「音楽」を掛け合わせて受け入れ、
共鳴、共感できるか否かを判断しているのではないでしょうか。



前述したPerfumeとNegiccoについてですが、
ボクは実は両者ともに、いわゆる「苦労話」は知らずに出会い、気に入りました。
ということは、ボク自身の個人的経験や蓄積、
その時の「心のありよう」とちょうどリンクしたのだと思います。
それがよく言われる好きになる「タイミング」というものだと思います。

そして気に入った後、そのグループがたどって来た過去の歴史を知り、
思い入れを増し、「やはりそうか!」みたいな勝手な解釈、納得をし、
特別なお気に入りになっていくわけです。




Negiccoの曲、歌を聴いて感じることがあります。
それはメンバー個々のパーソナリティを知ることと、音楽への影響についてです。

例えばNegiccoさんは、ライブやイベントなどで、間近で表情や話しぶりを伺える機会があり、
その飾らない人柄の良さに触れると、更にファンになってしまうという特性があります(笑)

そんな愛すべきキャラクター、パーソナリティを持つメンバーが発する「声」は、
人間が奏でる「楽器」として、大きな武器になっているのでは?と思う時があります。

持って生まれた魅力的な声質に加え、性格の良さがにじみ出た「声」
さまざまな経験を経て、磨かれ、紡ぎ出され、時に哀愁さえ帯びた「声」
それが、もともとお気に入りだった素晴らしいメロディ乗って、
目の前で「歌声」に変化するとき、

ボクは心揺さぶられるのです。

3人のことを何も知らず、最初に聴いた時の印象とはかなり違って聴こえてきます。
これも「歌声」の中に「物語」を聴いているのだと思います。


彼女たちを知れば知るほど、味わいは増し、
それに加え、先ほどから言っている「自分自身の経験」や「心のありよう」とリンクした時、
言いようの無い感動に襲われ、「泣ける」という現象が起こります。
これもまた、何にも代えがたい音楽経験ではないでしょうか。




kaekenmin.jpg



naokenmin.jpg



ponnkenmin.jpg





さて、Negiccoさんは武道館で行われるPerfumeFESへの出演が決定しました。
MJから始まったドラマチックな再会のストーリーは、まだまだ終わってはいませんでした。
それぞれにドラマを持ち、あ〜ちゃん曰く同志と思って活動してきた両グループの共演。
また新たな物語が加わるに違いありません。

その後にどんな音楽が聴こえくるのか、
ボクは楽しみでしかたありません(^^)





perfunegimj.jpeg
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。