--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Negiccoの出囃子「Make Up Prelude」の可憐と気品

2015年05月28日 19:38

Negiccoのライブで、
本人たちが登場する前にいつも流れる出囃子。

「Make Up Prelude」

アルバム「Melody Palette」で「イミシン☆かもだけど」を手がけた
長谷泰宏さん(ユメトコスメ)によるもの。

ボク、これが大好きで。


初お目見えは昨年7月の東京・WWWでのワンマンライブ
「Road of Negiiiiii ~Negicco One Man Show~」

negimakeup.jpg


Negicco東京ワンマン大成功で12年目に弾み


これにはボクは行けてないのですが、
その直後くらいからボクはNegiccoの現場に頻繁に通うようになり、
対バン、ワンマンに関わらず、Negiccoが登場する前には
必ずこの曲を聴くことになるのです。


なんて素敵なのだろうと。
ストリングスを中心にした、華やかで高揚感あふれる音楽。
イメージされるのは、夢、希望、キラキラとしたアイドル感、
そして、これから何か素敵なことが始まるワクワク感!

それらが見事に表現されていて、
もうなんと言うかNegiccoさんにピッタリなんですよ!
会場によってはスポットライトが点滅したり、
スモークがたかれる中、これが流れるともう期待感しか湧かなくて。

特に対バンなどでは、それまで他のアーティスト、アイドルさんが放っていた空気を
一掃する効果がありますね。
場の空気が一気に和やかで気品あふれるNegiccoモードに切り替わるのも痛快です。



後日、長谷さんが裏話として、
「ザ・ベストテン」のオープニングテーマをイメージしたと、
ツイッターで明かしていました。
オリコンでトップテン入りを果たせるよう願掛けの意味もあったとか…





「ザ・ベストテン」のテーマから猥雑さを取り去って、
可憐さと上品さを上乗せすると近づくかな(笑)(個人の感想です)


これからもNegiccoさんの出囃子はこの曲でお願いしたいですし、
個人的には出囃子はずっとこの曲でよいです(^^)
永く使われることによって、味わいも増してくると思います。






これがその出囃子です!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。