--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ黄金週間(最終回)ベイビーレイズ

2014年09月25日 20:39

bebirefi01.jpg


「ベイビーレイズ TOUR 2014『虎ベリング-THE TRIAL TO BUDOKAN-』
ファイナル ~デビュー2周年記念ライブ~」

〜東京キネマ倶楽部 9/20




ベイビーレイズは「デビューから2年で武道館公演を行わなければ解散」
という公約のもとに結成されたアイドルユニット。

このことに対して「ムチャクチャだ」「安易な話題作りだ」「ノルマ達成型は気に食わん」
「本人たちが可哀想だ」などという批判的見方も出来ると思う。
ボクも当時、もし彼女たちの存在を知ったらそう思うと思う。
(知ったのは1年後の「暦の上では〜」からでした)

しかし現在活躍してるアイドルの方々の中で、結成当初から明確な未来図を描いて、
やりたいことを自由にやって成功した…などというケースは皆無に等しいと思う。
なにがしか芸能界に憧れ(時には本人の動機さえ薄く)、
その時考えられる手段でまずは行動に移し、門を叩き、
本人の意志に反する戦略、指示を受けながらも、
その場で出来る限りの最大限の努力をして前に進み、成功を勝ち取る。
芸能界、一般社会関係なく、そんな場合がほとんどではないか。

テクノポップに戸惑い、スタジオで泣きながらレコーディングしていたPerfume。
葱が嫌いでオーディションさえ受けたくなかったNegicco。
ヘビーメタルって重いモノを持ちながら歌う音楽だと思っていたBABYMETAL(笑)

きっかけは、いつでも突拍子もない。
ほとんど思いつきと偶然と言っても良い。
しかし大切なのはそのあとだ。
荒唐無稽とも思える与えられた条件に、いかに本気で向かい合えるか。
本人たちはもちろん支えるスタッフを含めて。

ベイビーレイズは「2年で武道館」という超圧縮スケジュールが発する熱を、
ロックというジャンルに注入し、ターボを回してブーストした(感覚で書いてます笑)。
あふれるモチベーションを詩や曲に転化、気鋭の作家陣に楽曲を依頼し、
ベイビーレイズの心意気を汲み取りながら、熱い音楽に昇華することに成功した。
そこが支持されているところだと思う。

ベイビーレイズには、もともとアイドルを目標にしていた子が少なく、
変な色がついていなかったのも良かったと思う。
特にセンター林愛夏さんは、子役としてなどの芸能界の経歴は長いものの、
「自分のキャリアはアイドルの現場では、砂の城のごとく役に立たなかった」と吐露している。
しかし彼女の、劇団四季ミュージカル仕込みのボーカルは、
ベイビーレイズの熱いロックと非常にマッチしている。
力強く、張りのある歌声で、ここぞというタイミングで、彼女が引き受けた時の爆発力は、
他のアイドルでは見られないものだと思う。



さてさて、ベイビーレイズについて個人的な思いをくどくどと述べてきたが、
9/20ツアーファイナルにて、ついに武道館決定か、解散か、が発表される日が来た。

まず何を持って「武道館が行える」と判断するのか。
スタッフ陣営が出した結論は1万人署名という方法だった。
これについても様々な意見があったとスタッフは明かしている。
1万人規模の会場を埋めるのに1万人の署名でいいのか?
そもそも署名に正当性はあるのか? スタッフのさじ加減ひとつではないのか? 等々。
しかし、決めなければ始まらない。行動しなければ進まない。
泥臭い、ベイビーレイズらしい方法だったと思う。

7月の日比谷野音でこの署名のことが発表されて以来、
様々な現場で彼女たち自身が、またはスタッフが、そしてネットを含め、
濃密なスケジュールの中、署名活動が展開された。
目の前で自分の実名を書き入れてくれるファンに感激する彼女たち。
ぐんぐん積み上がっていくノートを目にしても、1万という数は途方も無い。
果たしてどうであったか…

この日はスタンディングのライブハウス。
客同士の隙間があった日比谷野音よりも、濃厚な盛り上がりであった。
声をからしたガチファンの全力のコールに、汗と笑顔のパフォーマンスで応えるベイビーレイズ。
いつも通りの、熱く楽しいライブが繰り広げられた。

前半が終了し、いよいよ結果を発表するというリコピンのMC。

「え、終了後じゃないのか」と少々予想外だった。
結果はすでに後ろのセットの一部にもなっているボードに書かれているという。
そこに貼られた紙を剥がすと数字が現れるしくみだ。
後ろの客にも見えるよう、前の客から座り出す。
「ありがとう!」と後ろから声。
結局全員座った状態に。

3! 2! 1!
客と一緒にカウントダウンし、リーダーのでんちゃんが剥がす。

「871」と、下三桁が現れたところで紙が切れる…ように作ってあったw

へたりこむでんちゃん。
「大人ってこわいよー!」リコピンが叫ぶ。

四桁目の曲線の一部が見えている。

0なのか。9なのか。

2週間ほど前の中間報告では8000番代だったので8はないだろう。
もし9だった場合可能性は限りなく低くなる。
しかし0ならその先に数字が…
そんなこんなをメンバーは興奮気味にしゃべる。

気を取り直してもう一度。

3! 2! 1!

四桁目は…


3!


そして五桁目…


1!!



「13872」!!!!!!!



「うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
観客一斉に立ち上がり、雄叫びを上げる。
「やっっっったああああああああ!!!!」
「おめでとう!!!!」
場内は興奮の嵐。

メンバーは、座り込む者、ガッツポーズをあげる者、ぼーぜんとする者、抱き合うもの…
すみません記憶が定かではありません。

感極まりながらお礼を言うメンバー。
「今日はいつも通り笑顔でライブを楽しもうと思った。
署名も全力を尽くしたので、どっちに転んでも後悔はないと思って臨んだ。
でも本当は不安で不安で仕方なかった…だから本当に良かった…」
そんなようなことを言ってました。
うんうん、よかった。。
鼻をすすり泣いてるお客さんもちらほらいた。


bebirefi02.jpg

ナタリー記事
1万人署名達成!ベイビーレイズ、武道館決定



「ここでもうひとつお知らせがあります」
「おおお」
「ライブの後半は念願の生バンドでやらせていただきます!」
「うおおおおお!!」

これはうれしいサプライズだった。
ロック調が基本のベイビーレイズ。
生バンドで聴きたいという欲求はボクも当然持っていた。
いやー、良い!
演奏のうねり、ドラムの音圧、ギターのエッジが全然違う。
バンドメンバーはレコーディングにも参加したメンバーだそうで余裕の演奏。

その生演奏の迫力に対峙するベイビーレイズのボーカルも負けていない。
ベイビーレイズは愛夏さん以外のメンバーも、リコピンをはじめ歌は上手い。
5人合わせた時の声量はかなりの迫力だ。
生バンドのベイビーレイズ。
これからの大きな可能性を感じた。
そして最後にはニューシングルの告知もあった。
もし署名が1万人に届かなかったなら最後のシングルになったという。



12/18の武道館がどのようなカタチで終わるのか。
これからのベイビーレイズの行く末がかかっている大事なイベントとなるだろう。
しかしこれまでの2年間の急成長、彼女たちやスタッフの結束を見るにつけ、
大成功も夢ではないと思っている。

なにはともあれ。
武道館決定おめでとう!!





bebirefi03.jpg














自虎紹介 (初回限定盤A)
ベイビーレイズ
ポニーキャニオン (2014-07-02)
売り上げランキング: 6,829
スポンサーサイト

ライブ黄金週間(その3)Negicco×Shiggy Jr.

2014年09月24日 19:53

siginegi01.jpg


Negicco、Shiggy Jr.「新宿ロフト presents 乙女の事情」〜新宿LOFT 9/19

写真はナタリーさんから
Negicco×Shiggy Jr.“相思相愛”な初ツーマン




今注目株のポップロックバンド、Shiggy Jr.と、
新潟発ローカルアイドルのエースNegiccoの2マンライブに行ってきました♪

まずはShiggy Jr.から。
江口寿史によるジャケットイラストがいかしてる最新ミニアルバム、
「LISTEN TO THE MUSIC」を予習していたので、とても楽しめました。
ド直球なポップセンスで聴く人を選ばない音楽だと思います。
女性ボーカルの池田さんの歌声は可愛らしい。
歌声がバックの演奏に埋もれることの無い聴きやすいバンドサウンド。
テクノ風味もあり、ダフトパンク的なサウンドもちらほら。
そしてベースの森さんはなんとNegiccoファン。
インストアイベントを観てハマったとか。
森さんの「こんばんねぎねぎー!」の挨拶で一瞬にしてネギファンと一体感(笑)
後半のNegiccoのステージの時には客スペースに紛れてノリノリで観ていました!


次はNegiccoさんです。
いつものきらびやかな出囃子。ロックバンドの雰囲気とがらりと変わり、
これからアイドルが登場するぞ!という、華やかなワクワク感に満たされます。
そしてNegicco登場。
黒を基調としたワンピースに白と緑のネギ色リボンの新衣装。
この衣装、とても評判が良くボクも大好きですー。
先日行われた新潟でのホールワンマンからだと思いますが、
なんとも上品で優雅。しかも可愛らしい。


siginao.jpg


途中、短いMCは挟みますが、それ以外はほぼノンストップで曲をこなします。
めまぐるしくフォーメーションが入れ替わるダンスに、ボーカルは生歌。
息を切らすことなく、笑顔を振りまいています。すごいスタミナです。
このいかにも楽しそうに、歌い踊る姿を見てファンになっちゃう人多いみたいですね。
ボクもそうだから(笑)

この日はボクが本格的にNegiccoにハマったきっかけになった、
最新シングル曲、「サンシャイン日本海」もやってくれました。
他の曲の流れの中で聴くと、この曲はNegiccoの中ではやはり異色なんだなー、と感じます。
ポップでノリも良いんですが、それだけじゃなく、どこかもの悲しい。
この曲を聴くといつも喉の奥の方が熱くなるというか、
照れくさい言い方ですが、自分の中の青春の記憶が呼び起こされる気がするんです。
この曲のMVのような8ミリフィルムの質感で脳内によみがえるような…
それをノスタルジーと呼ぶのでしょうか…とにかく大好きです!


sigimegu.jpg


他に印象的だった曲は「完全攻略」。
Negiccoが過去に出演した「ヌキ天」という勝ち抜き番組で披露した際、
審査員のローリーさんが「短い時間の中に驚異的な情報量!楽しめました!」
とのコメントをされていましたが、まさにその通りで、
可愛らしいアイドルノリ、切ないサビのメロディーの秀逸さ、そしてハモりの美しさ。
いやー、いいっす!


sigikae.jpg


ラストは「ときめきのヘッドライナー」「トリプル!WONDERLAND」という
盛り上げ鉄板曲で見事に締め、さっとステージから去ります。
そしてアンコールも時間を置かず、この日限定のTシャツに着替えてShiggy Jr.とともに登場。
みんなでラインダンスを踊る「圧倒的なスタイル」で大団円です。(いちばん上の写真)
さっきまで客と一緒に見ていた森さんもいつのまにかステージに。
その楽しそうな笑顔と言ったら! うらやましいぞ〜(笑)

Negiccoさんのステージは楽曲も含めて、とても優雅な印象です。
もちろんコールを含め、思いっきりアイドルノリですが、
それもどこか緩く、皆が楽しめればいいじゃないか、という雰囲気。
本人たちが醸し出す、どこかほわんとした純朴な空気もあいまって、
独特の多幸感に満たされます。それがクセになる原因かな(笑)

イベントやライブはけっこうたくさんありますので、
興味のある方は一度行ってみてはいかがでしょうか?





siginegi003.jpg







LISTEN TO THE MUSIC
LISTEN TO THE MUSIC
posted with amazlet at 14.09.24
SHIGGY JR.
MONA RECORDS (2014-07-16)
売り上げランキング: 2,900



Negicco 2003~2012 -BEST-
Negicco 2003~2012 -BEST-
posted with amazlet at 14.09.24
Negicco ねぎっ娘
T-Palette Records (2012-02-22)
売り上げランキング: 14,500

ライブ黄金週間(その2)Perfume

2014年09月23日 09:11

pahyme01.jpg


「Perfume 5th Tour 2014『ぐるんぐるん』」
〜代々木体育館 9/18

写真はナタリーさんから
サプライズに感涙、10年目のPerfumeライブ



ボクは今回、ぐるんぐるんは代々木二日目のみの参加。
ぐるんぐるんどころか「ぐ」でありました(笑)
他には名古屋ガイシホールも行きたかったのですが、人気が殺到し、チケット取れず。
いいんです。深追いはしません。1日参加のレア感を大切にしよう!と意味不明の決意で臨んだ所存。
そしたらなんということでしょう。チケットはアリーナB。
花道が伸びた先のセンターステージほぼ真横、5席目という至近距離。ありがとうP.T.A.。
席に来る人来る人、場所を確認した瞬間テンション上がってました。
まさかこの規模の会場で、こんな間近にPerfumeを観られるなんて…
おかげで今ボクの記憶に鮮烈に残っているのは、
曲としてそれほど好きでもなかった「I still love U」(出島にて披露)。
目の前で舞い踊るPerfumeは本当に美しく、
ライトに照らされ、白く輝く3人は、大げさでなく天使降臨。はたまた天女か…
特にあ〜ちゃんの横顔のシルエットが凛々しくてですね。
おでこのカーブと、キラキラした眼差しと、顎のライン。美しい〜
この日のあ〜ちゃんは序盤のMCから涙まじりで、
どうしちゃった?だいじょうぶかな?と少々不安だったのですが、
いざパフォーマンスが始まった時の、正確無比なダンスと、あの真剣な顔。
かと思えば余裕の笑顔とアイコンタクト。
さっすがであります。他の二人もそうですが、
ゆるゆるのMCから、ガチのパフォーマンスへの切り替えはいつも痺れます。

セトリとして興奮したのは「セラミックガール」です。
なんかこの曲はGAMEの頃のPerfumeを象徴するような雰囲気があって上がりました。
ガガガループ最高!

最終日は語り継がれるような感動的ファイナルだったようですが、
この日自慢出来るトピックとしてはJKかしゆかですかね。
「JKかしゆか」と書かれた横断幕をのっちが発見。
嫌がるかしゆかに猛プッシュ。そこへあ〜ちゃんも追い打ちをかけ、
もやはやらざるを得ない状況に。「わかにゃい!」
これも出島の至近距離で見ることが出来、感激しました(笑)


Perfumeはもうレベルとしてはダントツで、圧倒的であります。
最近他のアイドルさんを見るにつけ、余計にそのことを確信します。
もちろん他のアイドルさんにはそれぞれ独自の魅力があるわけで、
動向を追ったりする楽しさはそっちの方にあったり…(笑)

Perfumeはボクの中ではすでに殿堂入りしています。

海外での公演もまったく不安がありません(ボクが行くわけではないですがw)
自信を持ってアメリカ人の度肝を抜いてきてください(`▽´)




はい、今日はここまで。
次回はNegicco、Shiggy Jr.の2マンライブの報告となります(予定)







Cling Cling (完全生産限定盤)(DVD付)
Perfume
ユニバーサルJ (2014-07-16)
売り上げランキング: 455



Perfume WORLD TOUR 2nd [Blu-ray]
ユニバーサルミュージック (2014-10-01)
売り上げランキング: 13

ライブ黄金週間(その1)BABYMETAL

2014年09月22日 20:28

重なる時は重なるもので…
先週は自分が大好きなアーティスト、アイドルさんのライブが目白押しでした。
ん、ほぼアイドルか(笑)まー、みんな両方兼ね備えてると思いまーす。
詳細なレポではありませんが記録として雑感を…



bebimeta01.jpg


「BABYMETAL WORLD TOUR 2014」
〜幕張メッセイベントホール 9/14

写真はナタリーさんから。
BABYMETAL、“異国の地”巡った試練の旅に幕


欧米での有名メタルフェス参加や、ガガ様のオープニングアクトに指名されるなど、
人気と話題が海外に飛び火してからは国内人気もすさまじく、
ここ半年足らずでチケット入手困難なグループに急成長してしまいました。

今回ボクはこれまで同様、スタンド席のチケットを狙っていたのですがどうしても取れず、
半ばあきらめていたのですが、ある方からモッシュピットエリア、
要するに観客が暴れ回る勇壮なエリア(笑)のチケットを譲っていただき、
なんとか参戦とあいなりました。ありがとうございました。
しかし年寄りの身としては、サークルモッシュやWODの渦に巻き込まれるのはキツいので、
Bブロック最後方、PA前でまったりと…と思っていたのですが、これが計算外。
目の前でサークルモッシュ、あるいは土下座ヘドバンする熱い観客は当然スペースを多く取るので、
徐々に後方に迫ってきて、逆圧縮、ボクの後ろの柵もひしゃげるという状況に。
そうなってはもう逃げ場が無く、最後まで窮屈な状態で観ることに…。
やはり、フロアで観る方はそれ相応の覚悟を。ボクはまだ認識があまかったです(笑)
なんだかそういう状況がひとつの名物になっている状況ですが、
個人的には、今の所怪我人が出ないのが不思議だなー、というのと、
そばでそういう状況になってしまう威圧感みたいのを感じてしまいました。
それがいやならスタンド行けよという話なんですが、ままならず…

とはいえ、BABYMETAL自体のパフォーマンスは文句無しに素晴らしく、
去年の幕張で見られた演劇的な演出はほとんどなく、
超絶テクニックの生バンドと、BABYMETAL自身のダンス、歌のみで勝負の、
非常に研ぎ澄まされたステージ。
致死的レベルの可愛さのゆいちゃん、もあちゃん。
そして堂々たるボーカル、あるいは目つきに貫禄さえ感じるすぅちゃんの、
カワイイと狂気がMIXした唯一無二の世界は圧巻でありました。
だからこそボクはじっくり観たい派。
次回はスタンド席が取れたなら参加したいです。



はい、今日はここまで。
次回はPerfumeさんの登場となります(予定)






BABYMETAL(通常盤)
BABYMETAL(通常盤)
posted with amazlet at 14.09.22
BABYMETAL
トイズファクトリー (2014-02-26)
売り上げランキング: 298



LIVE ~ LEGEND 1999&1997 APOCALYPSE [Blu-ray]
トイズファクトリー (2014-10-29)
売り上げランキング: 133



LIVE~LEGEND I、D、Z APOCALYPSE~ [Blu-ray]
トイズファクトリー (2013-11-20)
売り上げランキング: 264

「約束の草原で キミを待つ」〜Negicco

2014年09月09日 20:50

ここんとこNegiccoさんの評価が急上昇中である。
自分の中で(笑)
いや、世間的にもか。

昨年の結成10年目にして初めて出した1stオリジナルアルバムあたりから、
グイグイきている感触がある。
非常に良いアルバムだった
ボクも視聴して即買いした。


Melody Palette


しかし、ボクはそれを機にNegiccoさんにドハマリ、とはならなかった。
それは他に夢中になるものがあったりしてたまたまである。

そして約1年後にNegiccoさんは「サンシャイン日本海」という名曲で、
再びボクの心を鷲掴みにした。


サンシャイン日本海 [CD+DVD] 初回限定盤B


そうかそうか、やっぱりNegiccoさん本物なんだ。
インストアイベントも覗いたりした。
良い。
かわいい。
雰囲気がいい。
歌もダンスもうまい。
が、ひしめくアイドル、アーティストの中でずば抜けて上手いわけではない。
でも、良い。
これは実際見た人でないとわからないかもしれない。

今頃気付いてごめんなさい。
「サンシャイン日本海」新参です。


そんなこんなで、ふたたびNegiccoを漁りだし、
昨年の1stオリジナルアルバム以後出た、「日本海」以前のシングルを聴いてみる。


良すぎてのけぞった。


ああ、一旦離れたのは大失敗だった…


「ときめきのヘッドライナー」
「トリプル!WONDERLAND」
両シングルとも、もんのすごく良い。

「ときめき〜」はNONA REEVESの西寺郷太氏、
「トリプル!〜」は矢野博康氏(ex.Cymbals)によるプロデュース。
ともに今をときめく気鋭の作家陣。らしい。(すみませんワタシまったく知りませんでした)

Negiccoの曲のほとんどを手がけ、売れない時代からともに並走してきたconnieさんのように、
Negiccoに深く寄り添った姿勢で、単に良曲なだけではない、
長年のファンの方も納得!という作品を仕上げてきたと思う。


特に「ときめきのヘッドライナー」におけるジェーン・スー氏(日本人)による詩が、
それを端的に表している。

Negiccoさんのこれまでの境遇。今の現状。
そしていよいよはじけてゆく、ワクワクとした高揚感。
すばらしい。

tokimekikasi.jpg


中でもボクが感銘を受けたのがこのフレーズ。

「約束の草原で キミを待つ」

フェスにおけるメインアーティスト、すなわちヘッドライナー。
ついにその射程が見えてきたか。
たとえばロッキンのグラスステージの草原…
そんなイメージを作詞のジェーン・スーさんは描いてらしたと思うのだが、
ボクはもっともっと抽象的にとらえていて。
これはNegiccoからのメッセージ。


キミは気付かなかったかもしれないけど、
私たちはずっと前から信じて待っていた。
この草原のユートピアで。
それは一方的な約束だったけど、
ようやくキミは気付いてくれたの?



と、いうような…
あかん、泣けてくる(笑)


そう、Negiccoは気付かないと出会えないのです。
グイグイやって来ないから(笑)
かなり前から「ブレイク前夜」と言われてここまでがんばっていますが…
もう、そろそろこのうねりは本物かな、なんて、
新参のボクは生意気にも思います。
またそうなるべき存在です。




「準備はいいか?♪」
ponjunbi.jpg


















ときめきのヘッドライナー[CD+DVD](限定盤)
Negicco
T-Palette Records (2013-11-06)
売り上げランキング: 66,019


トリプル!WONDERLAND 初回限定盤B(CD+LIVE収録DVD 付)
Negicco
T-Palette Records (2014-04-16)
売り上げランキング: 66,100




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。