--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を振り返る的な 〆とご挨拶

2012年12月30日 16:40

少し間が空きましたが、一応締めさせていただきます(´⊆`*)ゞ
[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

かくかくしかじか

2012年12月29日 17:08

かしゆかさんがブログで推していた「かくかくしかじか」、
読みました。

かくかく


面白い!

一気に読んでしまいました。
東村アキコ先生の自伝だったんですね。

少女漫画家になるために美大をめざし、
超個性的な絵画教室の先生に出会い・・・
といったストーリー。


美大受験独特の空気感や、学科のセンター試験攻略法など
(ボクの時代は共通一次と言ってました)非常に親近感もおぼえ、
また、懐かしい感覚にもおそわれました。

かしゆかさんも言っていたディテールの記憶力が凄いですね。
多少の脚色はあるにせよ、それ込みで面白いです。

あと、マンガの中の絵の先生が、
とても郷愁的に描かれているのも気になりますね・・・

これからどうなるのか〜!
ヒジョーにキニナリマス。。。





ちなみに東村アキコ先生、前記事で紹介した「うち妻」で帯に推薦文書いたことありますね(笑)
「うちの妻ってどうでしょう?」第4巻









ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 

うちの妻ってどうでしょう? 第5巻

2012年12月28日 20:26

発売中です(^^)

うち妻5


今回の表紙、躍動感があっていいですね。
妻の生命力があふれています(笑)
なんでも福満さんが、若々しい表紙にしてくれと担当編集者に頼んだとか。


帯に、「文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞作品」とありますね。
Perfumeといい、WORLD ORDERといい、福満しげゆきといい、
ボクのハマっているものは、みんな文化庁メディア芸術祭で賞を取りますね。

・・・実はボク審査員なんです。 ウソですけど(寒いよ!)


今回も福満節絶好調ですねー。
妻と子のささいな日常と、独特の「毒吐き」。
でも、福満さん、マンガの中で嘆いてましたね。
後発の同じジャンルの「愚痴パート」を除いた「妻パートのみ」を抽出した、
「気持ちのいい部分いいとこ取り」みたいなマンガがバカ売れしてくやしいと(笑)

でもボクは福満さんの「愚痴パート」のファンですから。
単なる「ほのぼの子育てマンガ」なんか、コレっぽっちも興味ないですから。
福満さん独特の着眼点と、ねちっこい愚痴が、等身大の日常にリアリティを出してるんですね。
だからいっそう、小さな幸福を読者と共有できるんですね。


それにしても担当編集者さんのことをここまで暴露していいのだろうか?
読んでて笑いながら不安になります(笑)



※PS. mtstさん動画紹介ありがとうございました。
妻と一緒に楽しませていただきました。福満さん、マンガどおりの雰囲気で笑いました(^^)












こんなのも出てます。





ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 

クリスマスに思う(追記あり)

2012年12月25日 23:39

メリークリスマスでございます(^^)

日本のクリスマスは不思議なイベントで、

多くの人は本来の由来もほとんど意識せず、浮かれているわけで。

まあ、ボクもその1人であるし、みんなが幸せなら全然いいんですけど。

でもツイッターやTVなどを見ますと、リア充がどうのカップルがどうのと・・・

いつからクリスマスは恋人達のものになったのか?

リア充リア充って言いますけど、リア充ってなんでしょう?

ボクが思うに、恋人がいたり、結婚していたり、とかいう「形」は全然関係ないと思うのですよ。

恋人が出来たり、結婚したりしても、物事には“その先”があるわけで。

イコール幸せ、ではないのですよ。

幸せであるかどうかは、自分の気持ちのありよう。

それは誰だって等しく同じだと思うのです。



ブログ記事は流れてしまい、読者も入れ替わっていると実感しています。
毎年載せてウザイかもしれませんが、
まだ読まれていない、たったひとりのあなたのために・・・

聖なる夜のものがたり(再)




【追記】
セラミックおじさんが作ってくれました!感謝!

かしゆか

2012年12月23日 21:31

kasiyuka2012122301.jpg

このブログで、かしゆか個人のことを取り上げた記事が極端に少ないことを、
読者の皆さんはお気付きだろうか。

もともとPerfumeについてアイドル的視点で書いた記事自体少ないのだが、
時おり、のっちを題材に妄想記事を書いたり、
あ〜ちゃんの美しさを礼賛した記事はたまにある。

だが、かしゆかについては少ない。
なぜか。
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。