備忘録。6/9・10

2018年06月13日 20:32

6/9 昼。タワーレコード新宿amiinA 5th single 『Jubilee』リリイベ。

6:9amiinaririibr

amiinAはリリイベでも多めに曲をやってくれてお得感ある。
だいたい「最後の曲です」と言ってから2曲ある(笑)
amiちゃんワンマンでプレゼントBOXに山積みにされたキュウリは完食したらしい。




***




夕方。豊洲ららぽーとにてオサカナリリイベ。
屋外だったので天気が良くてよかった。
この日はポスターにサインしてくれた貴重な機会。
まなちゃんがライブ欠席、特典会のみ参加。
ポスターにサインしてもらう時、「おはようございます!」と
まなちゃんに挨拶したらバツが悪そうだった。
ひょっとして追試とかだったかのか?(笑)


6:9osakanatoyosu

ふぅちゃんの髪は近くで見たら更に軽そうだった。
髪をすき過ぎたのを少し気にしていたが、
「ダンスするといい具合に跳ねていいよ」と言ったら喜んでくれた。



***



6/10 昼、渋谷。tipToeの定期公演へ。パンダ目当て。

6:10tippanda


パンダみっく新曲2曲を惜しげも無く披露。
ファンクな「up side down pop」が好きだ。

963はぴーぴるの相方が変わってからは初めて。
「うえーい!」と登場する相変わらずのハイテンション。
しかしなんとなくMCが上滑りしてた印象。
もっと面白いんだけどな。

tipToeのライブはクリームソーダの曲が良かった。


終演後特典会。フロアはものすごい人。
主催だから当然だが主にtipToeファン。人気すごい。


りおりおと2チェキで話す。

 ロボッチさん見えた。
 ここにいたでしょ。
 あのね、中間テストで美術がいちばんよかったよ。
 美術がんばるね。


そうかそうかとニヤニヤしながら聞き役に。
もっと褒めてあげればよかったと少し後悔。
本当に孫目線で可愛くてしょうがない。
どうか幸せで面白おかしい人生を歩んでくれと願わずにいられない。



6:10pandario



***


夕方は下北沢LIVEHOLICにてオサカナとバンドさんの3マン。
キャパ180の小さなハコ。
整理番号29だったのだがそこそこ前の方という程度。
しかし小箱独特の熱気があって良かった。
フロアの熱も上がり爆沸きだった。
今後はこんな規模では無いかもしれない。

終演後はふぅちゃんと2チェキ。
「最近たくさん来てくれて嬉しい!」と言われる。
嬉しかったけど、ちと行き過ぎかなと反省。

少しセーブしようと思った日曜の夜でした(笑)

6/2 パンダみっく ワンマン

2018年06月04日 23:38

パンダみっくの現場に行き始めて1年足らずであろうか。
ワンマンライブは初めてであった。

pandawanmanmaku.jpg



渋谷club asiaはほぼ満員だった。


いつもの定期公演の規模を大きくした感じかな?
といった予想を大きく上回る期待以上のライブだった。

オープニングにはVJによるカウントダウンの演出。
そしてレーザー。

1時間半にわたってほぼすべての持ち曲と、
新曲1曲を初披露。
激しいダンスと生歌にも最後まで疲れを見せない。

恐るべき体力である。

ただ若いだけが理由ではないだろう。

パンダブートキャンプとも言うべき
激しいサーキットトレーニングを積んだことを、
彼女らはブログに記している。

そして毎週のように行なわれるライブ。
ひとつひとつの現場の積み重ねが経験値となり、
自力を積み重ねていった。

まさに2年間の集大成と呼ぶにふさわしい、
堂々たるワンマンライブであった。


たった2年。


しかし、あの年代(現在中学2年)の2年の長さを、
あなたはご記憶であろうか。


追い風ばかりでない濃厚な2年を駆け抜け、
晴れ舞台を元気いっぱいに踊り歌うパンダみっく。

そんな姿に胸打たれるボクであったが、
ライブ中はただひたすらに楽しかった。

大げさかもしれないが、
初めてパンダみっくの真髄に触れた、

そんな気さえした。


これからもっともっと大きくなるだろう。
まだまだ始まったばかりだ。

備忘録。5/27 パンダ amiinA

2018年05月30日 20:17

前日に急遽予約したイベント。
もちろんパンダみっく目当てである。

20180527panda.jpg



新宿三丁目駅から歩いて行った。
Wild Side Tokyoというライブハウス。
階段を下ると染み付いたタバコや独特の地下の匂い。
いかにもライブハウス。
パンク系のバンドがやるにふさわしいハコ。
しかし今日はアイドルのイベント。
地下アイドルは日々こんな場所でがんばっている。


昼からの時間とあって客の出足もそこそこ、前方でゆったり見れた。
30分の持ち時間でたっぷり見れて満足。
りおりおからのレスもたっぷりもらう←
全身が見えたのでヒズムリアリズムのステップも堪能。


終演後は特典会。
フロアの外の狭い廊下で行なわれる。
喫煙スペースからタバコの煙が漂いかわいそうであった。

りおりおとチェキを撮りつつお話をする。
前々日に行なわれたオサカナと一緒になったイベントで、
ふぅちゃんがりおりおと撮った写真の話で盛り上がる。
これである。


20180525riohuu.jpg


「写真撮れてよかったね」というと
「楽屋が一緒だったからふぅちゃんさんと写真撮りたかったんですけど、
声かけられなくてギーッてなってたら、ふぅちゃんさんが来てくれて、
いつも4コマ写真見てるよって言ってくれたんです。それで撮れました!」
とても嬉しそうに話す。

自分は実はふぅちゃん推しなのだと伝えると、
「私もです!」と間髪入れず返してきた。

「ツイッターでふぅちゃん〈いとしのりおりお〉って書いてたよ。
きっとふぅちゃんもりおりお推しなんだよ」

「もうねそれ4回くらいスクショしました!!」

いい子である。

りおりおがふぅちゃんを、
ふぅちゃんがりおりおを推す気持ちとてもよくわかるなー、と
実に勝手な思いにひとり合点がいった。

推しと共通の推しの話題で盛り上がった楽しい特典会であった(笑)


20180527riorobo.jpg




*****



その後は渋谷に向かいこの日のメインイベントであった
amiinAのワンマンを楽しんだ。
初のワンマンということもありフロアの盛り上がり尋常ではなく、
軽くモッシュに巻き込まれ少々疲れたがライブは圧巻だった。


amiinA二人のボーカルの上達がめざましく、
それは特典会で伝えさせてもらった。

「伝わる? 伝わる?」と

miyuちゃんは嬉しそうであった。

「伝わってるよ!!」

伝わるということは嬉しいことだ。

演者も、見る側も。



20180527amiina.jpg



2月にマイナビBLITZ赤坂での2ndワンマンが発表された。
来年は更に大きな存在になっていることを確信した。





Jubilee (初回限定盤)
Jubilee (初回限定盤)
posted with amazlet at 18.05.30
amiinA
SPACE SHOWER MUSIC (2018-05-23)
売り上げランキング: 62,474

備忘録。5/19 パンダ 5/20 パンダ→AIS→オサカナ

2018年05月21日 21:48

5/19は幕張のイオンモールのフリーアイドルイベントへ。

朝から無数のアイドルさんが登場するイベントだが、
昼間は休日の所用を済ませ、
夕方からパンダみっくのみを見に出かけた。
幕張のイオンモールはアクセスが良いとは言えず到着はギリギリになってしまった。

この日はにぃにゃが学業のため欠席、4人でのライブ。
無料とあっていろんなヲタクさんが来ているので客数は普段の単独イベより多い。

盛況に終わる。

ライブ後は特典会へ。
まったりとした雰囲気。
メンバーは元気いっぱい。
ワンマンに向けて感染拡大企画が続いており告知POPを写メして
ツイッターに上げると無料全員ショットが撮れる。
0111pandamakuhari.jpg

ワンマンのチケットにもメンバー1人からサインしてもらえる。
持参したチケットにりおりおにサインしてもらっておしゃべりをする。
相変わらず記憶力の良い子。
前々回の話題をおぼえていてびっくりした。
楽しかった。




翌日、5/20

まずはお昼からパンダみっく定期公演、恵比寿クレアートにて。

02pandakurea-to.jpg

この日は久々に5人揃ってのライブ。
やっぱりボーカルの要であるにぃにゃがいると心強い。
しかも曲数もたっぷりで大満足。
前から2列目を確保し視界良好。
「ヒズムリアリズム」のステップに釘付け。


セトリ
1.ネズミーランンド
2.るーららるーらーるららるーらー
3.シャッタードール
4.今夜がおわらない
5.まみむめも
6.世界寿命と最後の一日
MC
7.未来時計
8.オモカゲプラスティック
9.白黒イエスノー
MC
10.ヒズムリアリズム
11.好きな曜日はXX
12.止まらないBGM(新曲)


パンダの曲はかわいいのもあるけどクールでカッコいい曲も多い。

「クールにカッコつけて」というリクエストで全員ショット。
03pandakurea-to.jpg



りおりおとチェキ。
033pandario.jpg

頭がいいのだろう。何か言えば話題を膨らましてくれる。
楽しい。かわいい。






その後は半蔵門へ移動し、TOKYO FMホールにて
東京アイドル劇場主催のAIS単独公演を見る。
45分の割り当てで1500円、ドリンク代無し、指定席、お得。
客の入りは正直良いとは言えず空席がけっこうあった。
広い会場ではある。

登場したメンバーは最初から笑顔を振りまきアイドル力全開のライブ。
中盤以降は上げ系のセトリでグイグイ攻める。
座っていたがムズムズするくらいだった。
最終的に大いに湧かせた。
素晴しいパフォーマンス。
もっと多くの人に見て欲しいライブ。

撮影可能曲でせらちゃんを。
最年少ながら力強い歌声で聴かせる。好き。
serafmholl.jpg






夕方に再び恵比寿に戻りオサカナ定期公演へ。

05osakanakurea-to.jpg

日曜ということもあり大入り満員。
クレアートはステージが低く後ろの方だと視界がきびしく、
この日はあまり見えなかった。
しかしライブは定期公演史上最高とも言える盛り上がりを見せた。

ミニアルバムの発売直後、メジャーデビュー、ビバラポップ出演の影響、
様々考えられるが、オサカナの今の勢いを感じさせた。

客層も様々で、凝った楽曲に乗せたアイドルソングで熱狂してるフロアを見ていると、
GAMEツアーの頃のPerfumeを思い出した。

この日は新アレンジされた「Brand New Blue」を初披露。
アレンジを外注しポップに振り切った感じで振付けもリニューアル。
あまり見えなかったのだが、なんか楽しそうな振付けなのはわかった(笑)
曲の感じとあいまって夏フェス等で大いに盛り上がりそう。



終演後はふぅちゃんとチェキ。
06huuha--to.png


先週はメジャーデビューミニアルバム「alight ep」のリリイベで、
何度もチェキを撮った。
当たり前だけどメジャーになってもなんら対応は変わらない。
いつも通りのふぅちゃんだ。癒される。
しかし果たしていつまで撮れるだろうかという思いもよぎる…


今、自分が推している3組を同日に回し、
少々疲れたが、充実した楽しい週末であった。






好きな曜日はxx
好きな曜日はxx
posted with amazlet at 18.05.21
パンダみっく
アクアファクトリー (2017-11-29)
売り上げランキング: 188,383





sora tob sakana/alight ep
sora tob sakana/alight ep
posted with amazlet at 18.05.21
sora tob sakana
ワーナー・ホーム・ビデオ (2018-05-16)
売り上げランキング: 607

GW備忘録 〜ロボッチ、ヲタ活のすべて

2018年05月07日 20:39

4/30 ハコムス〜ミハマニューポート

01mihama.jpg


千葉の商業施設での無料イベント。
屋外でのバンドセットは魅力的で、天気もよくフラリとでかけました。
スカーフェイスというバンドは先日のハコムス主催のプレミアムなライブでバックをつとめており、
今回はその縁で逆にハコムスがお呼ばれされた形。

のんびんりとした空気、屋外に響き渡る爽やかな歌声に癒やされました。
オールディーズ風の衣装も可愛かった!
長居するとうっかり特典会に参加してしまいそうになるのでそそくさと帰宅(笑)
ひるなちゃん(写真中央)が可愛すぎてやばいのです←


02mihamahakomusu.jpg




…………………………




5/3 MARQUEE祭 Vol.13〜TSUTAYA O-WEST

03maakii.jpg

パンダみっく、オサカナ目当てに。
しかしパンダは野邑仁衣菜、オサカナは山崎愛がケガでそれぞれ欠場。
両グループともメンバーの穴をカバーしつつ頑張っているステージが熱い。
しかし少人数グループでのメンバー欠席は正直痛い。
いつもと変わらなかったと言ったら休んでるメンバーにも失礼であろう。
Task have Funを久しぶりに見る。やはり楽しいグループ。
一緒に振りコピして乗るのが正しい楽しみ方でしょう(笑)
曲名はわからないがいくつか好きな曲がある。フルアルバムが待たれるところ。




…………………………




5/4 IDOL Pop'n Party〜品川インターシティホール

amiinA、パンダ、オサカナがラインナップされた実質ロボッチフェス。
行かない理由がなかった(笑)
品川インターシティホールは初めてであったが会場は広く、
特典会スペースであるロビーも広大、設備も清潔で非常に快適であった。

パンダ特典会でりおりおと2チェキ。
キャンペーン企画の手書きのTシャツのイラストが洒落てて、
「イラスト好きなの?」とたずねたら、
「絵を描いたりモノを作ったりするのが好きなんです。
図工や美術が大好き。将来は美術系に行きたいんです!」
なんて言うもんだから軽い進路相談みたいな流れになった(笑)
テンション高いおちゃらけキャラだけど真面目な会話もビシッとできるんだよなー
とてもいい子←

04popnrio.jpg
(5/4だねりおりお笑)




amiinAのライブはCanvasの歌い出しでマイクトラブル。
ラストに盛り上がるもっとも大事なところ。
amiちゃん自分の歌が届かないもどかしさで泣いてしまう。
あとで知ったのはファンの方が代わりに歌っていたのが聞こえて、
余計に泣けてきてしまったと…

どのグループもそうかもしれないけど、
amiinAはひとつひとつのステージに、全身全霊をかけているのが特にわかるので、
amiちゃんの悔しい気持ちは痛いほどわかった。

しかし、新曲を織り交ぜたステージは素晴らしいものであった。




…………………………




5/5 AIS-Carnival vol.2 〜アコースティックで結成2周年〜
〜AKIBAカルチャーズ劇場

AISをいいなと思い始めたのが昨年高円寺で行われた
いくつかのアイドルさんを集めたアコースティックライブだったので、
この企画は楽しみだった。

アコースティックライブは良くも悪くもそのアイドルの実力、
また「素」の部分が垣間見えてしまうので実はリスクのある試みかもしれない。

AISは圧倒的な歌唱力のあるグループ、とは言えないまでも総じて平均点が高い。
だからシンプルな伴奏での(この日はピアノのみ)歌声のアンサンブルは
とても聴かせるものがある。
この日印象に残ったのは「ALL THE THINGS SHE SAID/ジュエミリア」
のカバーであった。いちばん難しかったと言っていたが、
荘厳な雰囲気さえ感じられてすばらしかった。

06aisakostik.jpg




夜は白金高輪SELENE b2にてDDD~Discovery iDol Depot~

雑多なアイドルフェスは基本スルーしたいのだが、
タイムテーブルにパンダ、AIS、オサカナと固めてきたので急遽参加←

AISは昼のアコースティックと対照的にアゲアゲのセトリで攻める。
「Over The Future/可憐Girl’s」からの
「レントゲン/12.ヒトエ」の流れがたまらない。
ガチなヲタの人の隣で大いに沸いて楽しんだ(笑)
こんなAISのかっこいい面も大好き。

パンダ、オサカナもメンバーを欠いたままのステージだったが、
盛大にフロアを沸かせて頼もしさを感じた。

しかし最前の管理者()らしき若者たちが終始目障りで辟易した。
どこのヲタクか知らないが目当て以外地蔵だと叩かれると思ったか、
オーバーアクションのケチャ、推しジャン(推してねぇだろ)がわざとらしく鼻につく。
そしておしゃべり、頻繁なお仲間との入れ替わり…
入れ替わりを見たふぅちゃんの笑顔の奥の冷ややかな眼差しを
ボクは見逃さなかった。やはりこの手のフェスに行くのはやめようと思った。


そんな負の感情は横に置いといて、この日は久しぶりにふぅちゃんとチェキ。

07dddhuu.jpg

「チェキは久しぶりだよね」とか
「いつも見えてるよ」といったヲタク殺しのセリフかましてきます←
近くで見ると圧倒的にかわいいです。。




…………………………




5/6 VDC Presents Live『Vocal & Dance Collection Vol.2』
〜STUDIO COAST(新木場)

amiinA、パンダ目当てに。
amiinAは思い入れのあるSTUDIO COASTということもあり、
リベンジの意図もあってか1曲目はCanvas。冒頭から沸点に到達。
新曲3曲すべて投入した渾身のステージ。
特に新曲「eve」のパフォーマンスは新境地であり、
すでにアイドル界でも異彩を放っているamiinAの中でも、
表現の特殊性が際立っている。もはやアートの世界。
特にmiyuちゃんのポテンシャルの底が知れない。
恐ろしい子…

amiinA今年屈指の、素晴らしい完成度のステージであったが、
この日は他にたくさんのイベントもあってか、
集客がいまひとつであったのがもったいない。

08vdcamina.jpg




この日の個人的なもう一つの目玉は、
ONEPIXCELの田辺奈菜美さん、callmeのMIMORIさん、
そして最近のロボッチ激推しのパンダみっく中嶋莉緒さん(りおりお)による
コラボコーナー、曲はなんとポリリズム!!!

ショートバージョンながらポリループもありで
出来はまあ本家に比べたらまあアレですけど1日の練習でがんばったと思います。
りおりおはあ〜ちゃんパート。生歌でしっかり声出してました。
あの曲は音程も難しいんだなと人の歌を聴いて再認識。

終演後はりおりおに感想を伝えたくて特典会へ。

09vdcriorio.jpg

ポリリズムは好きでずっと聴いていたそうです。
ポリループの箇所がやっぱり特に難しかったと。
「あの部分はPerfumeさんも最初は振り無かったんだよ。
あれに振りを付けるのは不可能だと言われてたんだから」といったら
「ほんとそれ!ほんとそれ!」
まさかりおりおとPerfume談義できる日が来るとは思わなかったです。
とてもいい思い出になりました。



ボクのゴールデンウィークはこんな感じです。
全部ヲタ活だ…
これでいいのだろうか(笑)







好きな曜日はxx
好きな曜日はxx
posted with amazlet at 18.05.07
パンダみっく
アクアファクトリー (2017-11-29)
売り上げランキング: 74,036