The End of Europe

2013年10月30日 21:07

坂本龍一のアルバム「B-2UNIT」のラストの曲。

「The End of Europe」

とてもイメージを喚起させされる曲で、
初めて聴いた時から大好きなんですけど。

当時10代だった自分、すごく具体的なイメージが湧いてきまして・・・
[ 続きを読む ]

「高橋幸宏 60th Anniversary Live」

2013年06月25日 21:00

の、Blu-rayが届いた。

yukihirobluray.jpg

昨年12月にオーチャードホール行われた、還暦記念ライブの模様を収めたものだ。
ボクも観に行ったが、あの1日限りのプレミアムなコンサートを、
こうして丁寧にパッケージしてくれるのが嬉しい。

3時間半の本編をすべて収録するBlu-rayが2枚。
その全音源のCDが3枚。
ボーナス映像のMV9曲も収録。

すんごいボリューム。

とりあえず付属の160ページのブックレットを見た。
三浦憲治氏の未発表ライブスチール。
本人による演奏楽曲の解説。


そして、ゆかりのある60人からの幸宏さんへのメッセージ。


これに感極まった。


ああ、幸宏さん・・・


到底、一生、追いつけそうにないけれど、
心の師匠と呼ばせてください。。。


すばらしいブックレット。


お腹いっぱいです。





本編を見れるのはいつになるだろう・・・(笑)













One Fine Night ~60th Anniversary Live~ (生産限定盤)(2DVD+3CD)
EMI Records Japan (2013-06-26)
売り上げランキング: 571



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 

ピーター・バラカン「ラジオのこちら側で」

2013年02月20日 20:42

初期のYMOにおいては、歌詞のある曲は、Chris Mosdellという詩人の方に任せていました。
『BGM』から本人たちが作詞するようになり、
その英訳をピーター・バラカンさんに任せるようになりました。

以来、各メンバーのソロアルバムでも、バラカンさんのクレジットは欠かせないものになりました。

たまたま語学に興味があり、日本語を専攻した、音楽が大好きなイギリス人が来日して、
大きく人生が切り開かれていくのですね・・・


ラジオのこちら

先月発売されたピーター・バラカンさんの新刊です。
[ 続きを読む ]

『高橋幸宏  60th Anniversary Live』

2012年12月23日 15:11

12/22日。
全33曲3時間30分を超える、これまでのキャリアを集大成する壮大なライブでありました。

ボクが高校2年の時に行った幸宏さんの第1回のソロライブ。
それがボクの人生初のライブ体験でした。
誰でもそうだと思いますが、憧れのアーティストの初めてのライブ体験は、
忘れられない思い出となりますね。
昨日のライブは、そのボクの原点から始まり、
過去をすべてトレースされたような気持ちになり、とても感慨深いものでした。


出演者アーティスト:
高橋幸宏
Sketch Show(細野晴臣) / THE BEATNIKS(鈴木慶一) / pupa(知世ちゃん♡) /
Steve Jansen / 小原礼 / 徳武弘文 / Dr.kyOn / 矢口博康 / 高野寛 /
白根賢一 / 高桑圭 / 小山田圭吾 / 高田漣 / 堀江博久 / 権藤知彦/ BUZZ 他


セトリが公表されたので、コメントを加えつつ紹介したいと思います。
[ 続きを読む ]

YMOと音声多重放送

2012年11月20日 22:45

ボクが中学生の頃、
テレビの音声多重放送が本格的に始まりました。
ステレオ放送とか、二カ国語放送とか。
その頃、ちょうど我が家もテレビを買い替える時期でして・・・
[ 続きを読む ]