FC2ブログ

大貫妙子&坂本龍一、11月にコラボアルバム発売!

2010年06月23日 19:58

大貫/坂本

大貫妙子坂本龍一によるコラボアルバムが11月上旬に発売。
そのリリースに合わせた二人のツアーも行われるそうです。
ナタリーの記事で知りました。

これはちょっと楽しみです。
[ 続きを読む ]

音楽CDにジャケットはいらないか?

2010年06月19日 15:37

愛がコーラス
CD不況といわれて久しいですね。

原因は、趣味趣向の細分化、iTunesなどのデータによる
ダウンロードシェアの拡大などがあげられます。
ngo900jpさんのブログの記事でも
とりあげられていましたが、
データ化されたことによるコストの低下が
著しいようです。
洋楽の新譜などは1200円、昔のアルバムでは
600円などというものもあります。

渋谷のHMVも8月で閉店となります。

今後も物としてのCDは衰退の一途をたどることは
間違いなさそうです。

そもそもこのデフレの時代にCDは高いという印象もあります。
しかし実は音楽アルバムの値段は30年前のレコードの時代から、ほとんど変わっていません。
ですから昔は今よりももっとレコードは高いものという感覚でした。

そんな時代にある画期的な提案をした、アーティストがいました。
[ 続きを読む ]

明・る・い・よ

2010年06月17日 19:45

ルージュマジック
忌野清志郎坂本龍一
『い・け・な・いルージュマジック』

(1982年)

この曲は、“なつかしの音楽特集”みたいな番組でも、
度々とりあげられるので、
多くの人に知られている有名なコラボですね。

当時、この二人の組み合わせは、かなりの衝撃でしたが、
坂本龍一の「サウンドストリート」を聞くくらいのファンであるなら、
さほど驚きはありませんでした。

ただ異色の組み合わせであることは間違いあるません。
2010年の今で当てはめるなら、差し詰め「中田ヤスタカ」と・・・・・
[ 続きを読む ]

坂本龍一の名プロデュース、歌の妖精「バージニア・アストレイ」

2010年06月02日 19:41

バージニア・アストレイ

バージニア・アストレイ
『サム・スモール・ホープ』


Virginia Astley『Hope in a Darkened Heart』
(1986年)

イギリスの田園風景、草花や森の木々、
小鳥のさえずり、木漏れ日といった、
優しい自然を思い起こさせる
バージニア・アストレイの透き通った歌声。

アコースティック感覚あふれる彼女の音楽世界が
坂本龍一のエレクトロニクスを用いた巧みな
アレンジによって、更に奥行きが広がり、
まさに森の妖精を想起させる
崇高な世界に到達してしまいました。
[ 続きを読む ]

シティ・ポップと呼ばれた時代「ラジ」

2010年05月23日 11:21

この動画は1979年前後の日産スカイラインのCMを集めたものです。
前半の女性がCMソングを担当している部分をちょっと聞いてみてください。
この曲おぼえている方も多いのではないでしょうか。

[ 続きを読む ]